外構工事にかかる費用について

こんにちは、COLOR GARDENです。

 

お庭づくりを含む外構工事を検討する際、かかる費用がどのくらいか不安ですよね。その規模や内容によって変わるので一概には言えませんが、ここではトータルで施工した場合を例に、ざっくりとご説明しましょう。

 

 

●必要になるもの
・整地
・コンクリート、砂利、石etc
・フェンス、塀etc
・カーポート、テラス、ウッドデッキ、物干しetc
・植栽
・ライティング
・水回り

 

整地についてはイメージしにくい方も多いと思いますが、これは外構工事前にその場所を平らにする作業のこと。残土処理も含めた費用が発生します。施工場所により整地が必要ない場合もがありますが、決して安い金額ではないので注意しましょう。

 

上記の項目が、プランや見積書に出てくるわけですが、たくさんの項目があると、「最低限必要なものだけでいい」と考えられるお客様もいらっしゃいます。カーポートなど、金額が大きくまた製品として販売されているもので、後々の設置が可能という部分を、一旦除いて検討するというのは良いでしょう。
ただ、植栽やライティングを、後まわしか削るというのはもったいないとCOLOR GARDENは考えます。自然を切り取った風景、そこで過ごすための素敵な外構やお庭には、植栽やライティングはぜひ取り入れてほしいのです。

 

外構工事やお庭づくりで、ひとつ覚えておいてほしいことがあります。それは、

 

プランだけは、完成形で描いておくこと

 

今ある予算でまずはカーポートを設置したい→とりあえず設置→数年後、子どもが成長して自転車置き場が必要になる→自転車置き場設置…。これでは家の周りが屋根ばかりになってしまいます。
将来を考えてプランを描けば、最初から大きなカーポート一つを設置するという選択肢がありますよね。
現在の予算ありきで将来を考えないと、バランスの悪い空間ができてしまいます。
まずは理想のお庭を一緒に考えましょう。今の予算が200万円、理想を描くと300万円になったとしても、まずは完成形を知ることが大切。そこから将来を考えた内容で200万円分を施工すれば良いのです。

 

見積や予算を考えるとき大切なのは、削る・削らないではなく、優先する・優先しないです。

 

ぜひ、皆さまの将来、ご家族と家の理想の将来をお聞かせください!

2018/10/25/COLOR GARDEN