シンボルツリーの考え方

こんにちは、COLOR GARDENです。

 

皆さんはシンボルツリーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
その住宅、お庭を象徴する木を指すシンボルツリーは、外空間をより心地よい空間に変えてくれます。
シンボルというくらいなので、こう表現されるのは1本の木。
大きさについて特に明確な定義はありません。

 

シンボルツリーとしての役割はさまざまで、日差しや風よけになることもあれば、火災時に延焼を緩和することもできます。
外からの目線を防ぐ意味ではプライバシー保護にも役立ちます。
また新築や家族の誕生など、記念樹としての役割を持つ場合もあります。

 

 

 

自然素材の緑が溢れる空間を大切にするCOLOR GARDENでは、お庭にはぜひ木を植えていただきたいと考えています。
さらに言うと、そこが深呼吸をしたくなるような空間になるためには、1本のシンボルツリーではなく、せめて3本の木を植えてほしいのです。

 

COLOR GARDEN誕生のきっかけでもある、「山歩きをしたときに思わず深呼吸したくなる、その空気を家に」という思いを実現するために必要な3本の木。
庭に木を植えることで、住み心地は変わります。

 

お庭に緑がほしいと感じている方、まずは3本の木を植えて森の空気を身近に味わいましょう。

2019/2/19/COLOR GARDEN