植える前に見る!

こんにちは、COLOR GARDENです。

 

前回のブログで、お庭にはぜひ3本の木を植えてくださいとお伝えしました。
COLOR GARDENがトータルデザインするお庭は全て、その空間、建物の雰囲気に合う木を効果的に植えています。

 

お庭づくりを機会に、木への関心を持たれる方は多くいます。
多くの木を植える場合は農園に赴くのですが、中には同行して、ご自宅に植える木を私たちと一緒に選ぶお客さまもいるのです。
庭づくりを通して木に興味が出てきたとわかる方には、こちらからお誘いすることもありますが、これは非常に喜ばれます。
今までは何気なく眺めていた木ですが、今後は自分が世話をしなくてはいけません(基本は水やりのみ。剪定などのメンテナンスは、ご依頼いただく場合がほとんどです)。
世話をするからこそ生まれるのが愛着です。
農園まで見に行って自分たちが選んだ木ならばなおさらです。
ご興味があればぜひご一緒しましょう。

 

もちろん、完成したお庭と同時に初めて、植えられた木を見る感動も大切です。
ただ、農園までは同行できなくても、植える前の木の姿は、見てほしいのです。

 

 

そこには、植えた後は決して見ることのできない「」の姿があります。
(根と土のかたまりである根鉢を見ることができます)。

 

木の根は、私たちが想像する以上の大きさがあります。
地上にある幹や枝、葉を成長させるため、地中にはこれだけ大きな根が張られるのです。
その大きさを実感していただければ、必要な水分量がイメージできるでしょう。

 

ほとんどの木は、植えた後1年間、毎日水を与える必要があります。
このとき与える水の量が足りないと、木はしっかりと根を下ろさないこともあります。
だからこそ、十分な量の水を与えるため、根の姿を見てほしいのです。

 

根を見て、ご自身の手で水を与えた木、きっとすくすくと育ち、たくさんの緑でお庭空間を彩ってくれることでしょう。

2019/2/26/COLOR GARDEN