涼しくなる外構、エクステリア

こんにちは、COLOR GARDENの林です。

 

夏が近づき、暑さを感じる日も増えてきました。
エアコンの効いた室内に閉じこもりがちな季節ではありますが、お庭で涼しく過ごすために、また室内でも自然を採り入れて快適に過ごすためにできる、外構、エクステリアの工夫をご紹介します。

 

まずは直射日光を遮りましょう
オーニングシェードパラソルなどで日光を遮れば、暑い日でも過ごしやすい屋外空間が出来上がります。
もちろん、室内に入る光も遮ることができるのもメリットです。

 

次に「」と「」。
木を植えて緑を増やすだけで、見た目に涼しく感じられるようになります。
水の流れる音は、どこか心地よく、暑さを忘れさせてくれますね。
お庭の中に、循環式の水場をつくれば、小さなお子さんの遊び場にもなります。

 

地面からの照り返しも重要なポイントです。
芝、砂利、石、デッキなど、それぞれ照り返しの強さは違い、屋外空間はもちろん、家の中での住環境にも影響します。
中でも石や砂利、人工芝、タイルは照り返しが強いため、注意が必要です。

 

以前、砂利から芝生に変更したお客さまからは「家の中でもこんなに違うの!」と、施工翌日に驚きの声をいただいたこともあるほどです。

 

住環境の面では風の流れに注目することも重要です。
仮に北から南に風が抜ける家の場合、北側に木を植えることで、家の中を涼しい風が流れるようになります。

 

 

夏もお庭で過ごすため、室内もエアコンに頼らず快適に過ごすため、外構、エクステリアの工夫にも注目してみましょう。

2019/6/11/COLOR GARDEN