庭は何のためにある??

こんにちは、COLOR GARDENの林です。
 
お庭ってそもそも何のためにあるのでしょうか。
庭園としての歴史を振り返ればもちろん、日本庭園と西洋庭園の違い、景観としての庭から、周遊して楽しむ庭まで、さまざまな種類や目的があります。

 

当然、現代の住宅においても、お庭をつくる目的や理由はさまざまで、近隣への迷惑とならない限り、特に決まったルールがあるものではありません。
 
だた、せっかくある屋外空間を、有効活用していない家が多いのも事実です。
「場所はあるからとりあえず整える」「砂利のままよりは、芝生だけでも植えてみる」「近所からの見栄えが悪くないように…」
そうやって特に目的意識もなく、なんとなくつくるお庭は、とてももったいないものだと思うのです。
 
せっかくある空間、明確に目的意識を持ってお庭をつくりませんか?
私たちが提案している「過ごす」ためのお庭は、そこで暮らす人の気持ちを豊かにします。
暮らしに彩りを与え、家族で幸せな時間を過ごせる場所にもなります。
 

 
先日、COLOR GARDENの事務所にお越しになったお客さまと、プランの相談をしていたのですが、ご要望がうまくまとまらず、行き詰まってしまうことがありました。
伝えたい、でも表現できない何かが、心の中にあったのだと思います。
そこで事務所の外に設置したテーブルに移動して、気分転換することにしたのです。
そこに座った途端、お客さまの口をついて出たのが、ご自身の思いや理想、お庭づくりへのはっきりとしたご要望でした。
別のお客さまは、お子さんが動きまわり、お菓子を落とすことに気を取られ、打ち合わせに集中できない様子でした。
やはり外のテーブルに場所を変えたところ、お子さんが動きまわろうが、お菓子を落として地面を汚そうが気にならず、穏やかな表情に戻って打ち合わせを進めることができたのです。
 
青空の下、爽やかな風が吹く空間に身を置くことで、リラックスして感情を表現することができたり、気持ちが大らかになったりという経験は、誰もがあるのではないでしょうか。
 

 
お庭は、建物から一歩外に出たところにあって、人を幸せにしてくれる場所です。
リビングの大きな掃き出し窓は、気持ちを豊かにしてくれる場所への入り口なのかもしれません。

2019/7/23/COLOR GARDEN